お着物ファン

何時でも何処へ行くのも
着物があたりまえの生活をしたい♪
でも・・・現実は厳しい(笑)
そんなこんなで日々きものと格闘中!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ふだん着物のたのしみ方【着物の本】
もともと嫌いでは無かったし、浴衣を自分で着られる程度には親しんでいたのですが、今や私にとって和装はどこか遠い世界の話。そんな私が着物を着てみたいと考えるようになったのは、実はほんとにごくごく最近のことなんです。

長い間着物と無縁の生活をしていると、「着物」とは結婚式や成人式、卒業式などのイベント用であったり、または粋筋のお姉さんの仕事着や時代劇の衣装・・・という固定観念が知らず知らずのうちに刷り込まれてしまいます。呉服屋さんの広告やショーウインドウをこっそり覗いても、そのとおりと言わんばかりの品物が並び、気後れとため息ばかり。

その刷り込みと同時に着物を着てみたいと思うわけですから、着物だけでもん10万、帯や小物を一揃えしたら100万円!?そんなお金出せるわけも無く、着る機会もないし・・・という思考手順を踏み、やっぱりあきらめるべきと結論づくのはありがちな話。それでも未練がましく書店の着物コーナーをうろうろしていたときに出会ったのがこの本です。

ふだん着物のたのしみ方
ふだん着物のたのしみ方
きくち いま


500円や1000円で着物が買えるリサイクルショップや骨董市が存在すること、丈夫で日常着に最適なウールや木綿素材、シックでかわいい、当たり前な洋服感覚のコーディネイトの数々。まさに目からウロコとはこのこと。そういえば祖母は毎日普通に着物で過ごしていたし、着物は豪華絢爛ではなく日常の光景であったことや自分がとても着物好きだったなど、すっかり忘れ去っていた記憶が粉々に砕かれた固定観念の下から救出されたのでした。

それから先は怒号の日々。こんなに短い期間でよくも・・・と思われるほど部屋も頭の中も着物でいっぱい、ついには専用の箪笥まで購入する始末。すっかり着物の虜となってしまいました。

ただひとつ残念だったのは、この本を読んで期待をよせた「アンティーク着物」に、私の身長を拒絶されたことでしょうか。。。。
昔きものの平均身長の友人(着物ワールドに引っ張り込みました)がアンティークのお召しや正絹紬などを1000円〜3000円などという激安で購入するのを横で眺めては、羨ましさいっぱいでため息をついています。
| 着物の本 | 15:46 | comments(0) | - |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS